平成中村座

一般

平成中村座

へいせいなかむらざ

中村勘九郎さんを座頭とした一座。浅草や仮設の劇場を設営して、まるで江戸時代のような芝居小屋の雰囲気を再現している。

2003年の演目は、昼は「加賀見山再岩藤(かがみやまにごちのいわふじ)」。夜は「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」「人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)」の三狂言