平成16年台風第18号

サイエンス

平成16年台風第18号

へいせいじゅうろくねんたいふうだいじゅうはちごう

平成16年(2004年)8月28日に発生した台風18号アジア名はソングダー。

8月28日9時にマーシャル諸島付近で発生、北西に進み大型で非常に強い勢力の台風へと発達、9月5日に沖縄本島北部を通過した。その後は北東へと進路を変え、平成3年台風第19号に似た進路を辿る。9月7日9時半頃、長崎市付近に上陸して九州北部を横断した。その後、加速しながら日本海を北東へと進み、北海道西海上を北上し、9月8日9時頃に温帯低気圧に変わった。

沖縄地方・九州地方中国地方東北地方の日本各地で最大瞬間風速50m/s以上の猛烈な風を観測した。宮崎県で900mmを越える大雨を観測するなど、九州地方四国地方では大雨となった。暴風により建物の損壊や倒木被害、塩害による農作物の被害、高潮や高波による被害も出て、激甚災害に指定された。

死者・行方不明者数は47人、負傷者は1,364人。