スマートフォン用の表示で見る

平成23年台風第12号

サイエンス

平成23年台風第12号

へいせいにじゅうさんねんたいふうだいじゅうにごう

平成23年2011年)8月25日に発生した台風12号紀伊半島一帯を中心に甚大な被害をもたらし、政府により激甚災害に指定された。

進路

8月25日にマリアナ諸島付近で発生。当初は関東地方に向かう進路を取ると見られていたが、太平洋高気圧の勢力が強く、次第に進路を西寄りに変えた。9月3日午前10時前に高知県東部へ上陸し、そのまま北上して四国地方を縦断、瀬戸内海を経て、9月3日午後6時ごろ岡山県に再上陸した。9月4日午前4時には鳥取県から日本海へ抜けた。9月5日午後3時、日本海上で温帯低気圧に変わった。

太平洋高気圧と大陸からの高気圧が台風の北上を抑える壁となり、また偏西風も日本から遠く離れた朝鮮半島上空に吹いていたため、上陸してからも速度が上がらず、時速10〜15km程度と非常に遅いノロノロ台風となった。これが原因で紀伊半島を中心に長時間の大雨を降らすことになった。

記録的豪雨

関東地方から中国四国地方の広範囲に大雨をもたらしたが、とりわけ大雨の被害が大きかったのは紀伊半島である。紀伊半島台風の進路の東側にあたり、南の海上から紀伊山地に向かって湿った風が吹いて雨雲を次々と発生させた。また、台風の速度が非常に遅かったため、長時間にわたって同じ地域に激しい雨が降り続いた。

8月30日の降り始めからの総雨量は9月5日午前1時までに、奈良県上北山村で1808.5ミリ、三重県大台町で1620ミリ、和歌山県古座川町で1149ミリに達する記録的豪雨となった。国土交通省上北山村大台ヶ原に設置した雨量計では、降り始めからの総雨量が2436ミリを記録した。この地域の年間降水量の約4分の3にあたる雨がわずか5日間ほどで降ったことになる。また、上北山村では72時間降水量で1652ミリを記録。これは平成17年台風第14号による豪雨で宮崎県南郷村(現美郷町)で観測された72時間降水量1322ミリを越える国内観測史上最高の降水量である。

被害