スマートフォン用の表示で見る

平泉成

アート

平泉成

ひらいずみせい

俳優

1944年6月2日愛知県額田町(現在の岡崎市)出身。

昭和39年大映京都第4期ニューフェイスに選ばれ、俳優の道へ。

昭和41年平泉征を名乗り、「大魔神怒る」「濡れた二人」などに出演。

昭和58年、所属事務所移転と同時に芸名を「成」の字に改めました。テレビ、映画のほか、舞台でも活躍しています。

どちらかといえば、「こわ〜い上司・先生」役という印象が多いですが、渋い演技が光るいい役者さんです。

また、ケーナ南米民族楽器の縦笛)作りの名人ということで、ケーナ演奏の腕前も有名な俳優の田中健さんが使っているケーナは、実は全て平泉さんの作品という意外な一面もあります。

「細かすぎて伝わらないものまね選手権」で、末吉くんにモノマネされることでも有名。