スマートフォン用の表示で見る

平禅門の乱

社会

平禅門の乱

へいぜんもんのらん

平禅門の乱(へいぜんもんのらん)

1293年、鎌倉幕府御家人の筆頭で幕府の実権を握っていた平頼綱・助宗父子が北条貞時により誅殺された事件。将軍を廃し、執権北条貞時一族を打ち滅ぼして、助宗を将軍に就けようとの頼綱らの画策が長崎宗綱によって貞時に告発された。恐怖政治を行い反感を買っていたため、貞時の急襲により頼綱は自害し、頼綱一族は抹殺された。