平仲明信

平仲明信

(スポーツ)
ひらなかあきのぶ

ボクシング元世界王者。
1963年11月14日、沖縄県島尻郡八重瀬町(旧具志頭村)出身。
南部農林高校時代にインターハイ優勝。
日本大学時代にはロサンゼルスオリンピック出場。
85年、沖縄ジムよりプロデビュー。
86年、デビュー4戦目で日本Sライト級タイトルを獲得し、9度防衛後返上。
89年、イタリアにてWBA世界Sライト級王者ファン・マルチン・コッジに挑むも、不可解な判定でタイトル獲得ならず。
92年4月、メキシコにてWBA世界Sライト級王者エドウィン・ロサリオに挑み、試合開始早々猛ラッシュを仕掛け、92秒でタイトル奪取に成功。
これは日本人選手が出場した世界戦では最短KO勝利記録。
また、沖縄のジムが生んだ初の世界王者でもある。
92年9月、初防衛戦で、格下のモーリス・イーストに思わぬKO負けを喫し、引退。
戦績:22戦20勝(18KO)2敗


95年、沖縄に平仲ボクシングスクールジムを設立。
「沖縄から世界へ」を合言葉に、選手の指導に当たっている。
また、K-1ファイターの指導やバラエティ番組などでも活躍中。




*リスト::ボクサー

新着ブログ: 平仲明信