平忠綱

地理

平忠綱

たいらのただつな

日本の平安時代末期の武将。平忠正の子。

保元の乱では崇徳院側として戦って敗れた。敗戦後に捕らえられて斬首された。