平貞能

社会

平貞能

たいらのさだよし

日本の平安時代末期の武将。

伊賀国を本拠とする平氏譜代の有力家人であったが源平合戦平家敗北後は鎌倉方に投降した。