平田次三郎

読書

平田次三郎

ひらたじさぶろう

 大正六年(1917)10月30日〜昭和60年(1985)10月28日

 評論家・独文学者福島県生まれ。東大独文科卒。逓信省内務省嘱託明大講師などを経て、中央大学教授。戦後から文芸評論活動を始め、二二年春、「近代文学同人となり、編集者としても活躍した。日本・ドイツ近代文学に明るく、倫理宗教という二つの契機を取りあげて漱石の生と思想を分析した評論「夏目漱石」(近代文学社、昭和二十三年)のほか「青春と退廃」「世界の文学」「三つのソ連紀行」などの著がある。(参考:現代日本文学大事典)