スマートフォン用の表示で見る

平野甲賀

読書

平野甲賀

ひらのこうが

装丁家デザイナー。1938年、京城(現在のソウル)生まれ。

武蔵野美術学校卒業。在学中の1960年に「日宣美」展で特選受賞。高島屋宣伝部を経て、フリーとなり本の装幀を多く手がける。また、劇団「黒色テント」や「水牛楽団」などの運動の中でデザインを実践してきた。

著書『平野甲賀装丁〕術・好きな本のかたち』(晶文社、1986)、『文字の力』(晶文社、1994)など。