平有盛

社会

平有盛

たいらのありもり

長寛2年(1164年)〜元暦2年3月24日(1185年4月25日)

日本の平安時代末期の平家一門の武将。平重盛の四男。

壇ノ浦の戦いに破れ、平資盛と従兄弟の平行盛と3名で手を取り合い海中に身を投じて死んだ。