平良文

社会

平良文

たいらのよしふみ

日本の平安時代中期の武将。官位従五位上陸奥守、鎮守府将軍

通説では平高望の五男とされるが謎の多い人物である。