米代川

地理

米代川

よねしろがわ

長さ136km、流域面積4100kmの秋田県北部の川。


奥羽山脈の西側に発し、鹿角(かづの)、大館鷹巣(たかのす)の各盆地と峡谷を連ねて西流し、能代市日本海に注ぐ。秋田県北部を流れる米代川水系の本流で、一級河川東北地方第五の大河で、秋田県内でも流域面積が雄物川に次ぐ。奥羽山地の中岳(標高1024m)から南流する切通川と、八幡平北麓に発し北流する兄川が岩手県八幡平市兄畑で合流し、米代川と名を変える。