スマートフォン用の表示で見る

米沢守

テレビ

米沢守

よねざわまもる

テレビドラマ『相棒』の登場人物。警視庁鑑識課所属。内村刑事部長やトリオ・ザ・捜一から目の仇にされる特命係を陰から見守り支えている。妻・知子(紺野まひる)がいたが離婚し、今は一人暮らし。本気でチャンドラー探偵社に逃げた妻の探索依頼をしようとしたこともある。

杉下右京とは落語好きという接点があり、落語のCDを貸しあう仲でもある。過去に春風亭昇太寄席入場券と引き換えに、情報を提供したこともあるほど。携帯の着信音も落語のはめものという凝り様。

口癖は「〜のようですなぁ」など。捜査一課とは違う視点で事件に取り組む特命係の捜査に興味を示しているのか、わくわくしながら右京らの推理に付き合うこともある。

ゲーム好きの一面もあり、超能力少年とマスコミでもてはやされた少年とゲーム作品*1情報のやり取りをしたこともあった。

今回、スピンオフ作品の「鑑識・米沢守の事件簿」で晴れて主役となる。映画CMも、犬猿の仲であるトリオ・ザ・捜一とのカラミが実におもしろい。大河内監察官には、ピザの宅配員の変装で抜け出して、勝手に捜査を進めたことでお咎めを受けるが「今度はピザおごって下さいね」としっかりと釘を刺されている。

*1:少年の「アイルーが〜」に対する彼の「なつき度が〜」という台詞から、オトモアイルーのことを指しており、また超能力少年は2008年秋からのSeason7の話なので、該当するのは『モンスターハンターポータブル 2nd G』。