スマートフォン用の表示で見る

壁抜き

一般

壁抜き

かべぬき

意義

 侵入窃盗が侵入時に用いる手段の一種

手口

 雑居ビルや事務所等の扉の脇にある内壁を工具と素手で強引にぶち抜いて、扉の鍵を開けて侵入してしまう。

 内壁には石膏ボード等の工具による貫通や素手による物理破壊が比較的容易な柔らかい素材が使われているため、このようなことが可能となるのである。

 しかも、工具が内壁を突き破る際の音は約50dbと比較的小さい。繁華街の雑居ビルなどは、周囲の街の騒音の方が遥かに大きくて音がまぎれてしまうのである。

対抗策

  • ドア付近の内壁に鉄板等の耐貫通性の高い素材を貼り付ける
  • ドア付近に衝撃が加わったことを感知したら大音響と光を発して侵入者を威嚇する防犯センサーアラームを装着する。
  • 鍵を複数化して鍵を開ける手間と時間を増やす。