スマートフォン用の表示で見る

碧蹄館の戦い

社会

碧蹄館の戦い

へきていかんのたたかい

碧蹄館の戦い(へきていかんのたたかい)

1593年、文禄・慶長の役の際、朝鮮の碧蹄館周辺で小早川隆景立花宗茂漢城駐留軍と李如松の明軍との戦い。朝鮮の役で敗色の濃くなった日本軍が、退路を賭けて挑んだ大戦で、小早川隆景が実質的に総大将を務めた。日本軍は勝利し壊滅を免れ、無事九州に引き上げたが、今後の戦線に行き詰まり、明との講和交渉を始めることになる。