別当薫

スポーツ

別当薫

べっとうかおる

プロ野球選手・監督。通称「球界の貴公子」。

右投右打、ポジションは外野手背番号は25番。

1920年8月23日生まれ。兵庫県出身。大阪府生まれ。

甲陽中で1937年春、1938年春夏連続で甲子園出場。慶應義塾大では首位打者を獲得。

大阪で活躍。都市対抗野球に出場。ベスト4に輝く。

1948年大阪タイガースに入団。藤村富美男らと共に、強打者としてダイナマイト打線を支えた。


1950年若林忠志呉昌征、本堂保次?らと共に毎日オリオンズに移籍。同年、トリプルスリーを達成。

1952年、「平和台事件」で湯浅禎夫総監督若林忠志監督が更迭されたのを受け監督代行となる。

1954年、選手兼任監督に就任。

1957年現役引退。監督に専任。山内一弘榎本喜八らを育て、ミサイル打線の基礎を固めた。

1960年、監督を辞任。渡米して大リーグを半年間視察する。

1962年近鉄バファローズの初代監督に就任。根本陸夫の下、土井正博を育てた。

1967年、大洋ホエールズの監督に就任。田代富雄を育てた。

1973年根本陸夫の後を受け広島東洋カープの監督に就任。同年、退団。

1977年秋山登の後を受け、大洋ホエールズ監督に復帰。横浜大洋ホエールズでも監督を続ける。 

1979年、退団。

1980年ホエールズの球団代表・常務取締役となる。また、スカウト技術部門担当役員としても活躍。

1970年代に出演したHOYAメガネ・バリラックスIIのCMが今でも語り継がれるなど、プロ野球選手とは思えない知的な印象から「貴公子」呼ばれた。


1988年、野球殿堂入り。


1999年4月16日、心不全のために逝去。 同年12月、三重県尾鷲市に全身像が落成。

米国でTシャツのデザインとなっている。