片羽絞

スポーツ

片羽絞

かたはじめ

[英] single-wing strangle

片羽絞とは、柔道における絞技のひとつで、相手の片方の腕を捉え、両手を連動させて頸部を絞める技。

特徴・性質

腕を羽と見たその形から片羽絞と言う名が付けられた。

相手の背後から片方の腕を首に回し、反対側の横襟を握り、もう片方の手で、相手の脇を掬って腕を上に上げて抑え、その手は、相手の頭の後ろから通し、横襟をとっている腕と連動させて強く絞める。このとき、相手の頭の後ろから回した腕で、首に回している腕をつかむようにして強く引くと、絞める力が強まる。

また、相手の片腕をとった手の二の腕で、相手の後頸部を前に押し、さらにプレッシャーをかける。相手を横に崩して絞める場合でも、両足で相手をしっかりと抑え、相手の体に密着することで、効果的に絞めることができる。

この技は、片腕の自由を奪われ、気管支が圧迫される強烈な技であり、これを防ぐためには、相手が腕を自分の脇の下へ入れようとするときに、両足を畳に効かせ、頭を後ろに反らして、プレッシャーをかける。

また、上げられた自分の腕ともう片方の腕を利用して、相手の袖を引き、脇の下へ逃れる方法もある。