片岡球子

アート

片岡球子

かたおかたまこ

日本画家。

2008年1月16日、急性心不全のため103歳で死去。

さらに詳しい略歴

1905年(明治38年)北海道生まれ。現在の女子美術大学卒業後、小学校の教べんを取り、画家を志す。当時の帝展(今で言う日展)に落選という辛酸をなめた時期を経て、1939年帝展に念願の入展を果たす。しかし、当時、線描写が美しかった時代。球子の絵は「ゲテモノ」と言われた。つまり線が荒かったということだった。その「ゲテモノ」の絵に強く励ましたのが小林古径であった。球子は、その「ゲテモノ」のようなダイナミックで線の荒い画風を貫き、それが力強い作風を生み出した。後年の代表作の「富士山」や「面構」がその力強さを表してる。それが高く評価され、1989年に文化勲章を受章した。100歳になっても現役の画家であったが、2008年に死去。その功績はのちにテレビでも紹介された。