片十字絞

スポーツ

片十字絞

かたじゅうじじめ

[英] half cross strangle

片十字絞とは、柔道における絞技のひとつで、交差した手(順手と逆手)で襟を握り、首を絞める技。

特徴・性質

十字絞は、腕を交差して相手の襟をつかみ、その名の通り、絞める手が十字になっている。片十字絞の襟のつかみ方は、片方の手が順手(並十字絞の握り方)、もう片方が逆手(逆十字絞の握り方)になる。

片十字絞の場合は、片方の小指付け根が相手の右頚動脈にあたるようにするが、片方の手で絞めても効果は十分ある。

仰向けになっている相手に馬乗りになって絞める場合、または、相手の下から絞める場合などがあるが、手の握り方がこの技の基本となる。絞める場合は、相手を十分引き付けて、両足を利用して相手の自由を奪うのがポイント。

また、自分の両手は相手の奥襟を握ることで、しっかりと絞めることができる。絞めている自分の両肘を相手が押し上げて逃れようとする場合があるため、自分の両肘を曲げながら腰を浮かし、上体を相手に覆い被せるように上方に倒して抑え、防ぐとよい。