片倉財閥

一般

片倉財閥

かたくらざいばつ

1873年(明治6年)片倉市助が長野県諏訪郡川岸村(現在の岡谷市)で座繰り(ざぐり)製糸を開始したのを嚆矢とする日本の財閥

「シルクエンペラー」と呼ばれた二代目片倉兼太郎(片倉佐一)の手により、製糸業から発展。1895年明治28年)片倉組を設立し、東京京橋に進出。以降、業容を拡大し、一財閥を形成した。戦後の財閥解体で解散となる。

→詳細の歴史については片倉工業富岡製糸場を参照。