編集工房ノア

一般

編集工房ノア

へんしゅうこうぼうのあ

 社主の涸沢純平さんが奥様とお二人でやっているミニ出版社。

関西で活動を行っている作家、詩人にとって方舟のような存在。

活動を開始して35年を超えるが、いまだに家内制出版を守る。

その活動は、眼の肥えた読書人に支持されている。

 ここから作品を刊行した作家、詩人には山田稔足立巻一

富士正晴、杉山平一、天野忠川崎彰彦などがいる。

 「塔和子全詩集」「富士正晴詩集」「木村庄助日誌」等の

刊行業績により2006年「梓会出版文化賞特別賞」を受賞する。