スマートフォン用の表示で見る

保科正之

一般

保科正之

ほしなまさゆき

会津松平氏の開祖。名君として知られる。

徳川秀忠の四男として生まれるが認知されず、見性院の養育を受け、その後保科正光の養子となる。

実父の認知は受けられなかったものの、異母兄徳川家光は正之を弟として処遇し、信濃高遠3万石から出羽山形20万石、さらに陸奥会津23万石へと引き立てた。

さらに家光の遺命により、四代将徳川家綱の後見として幕政に携わった。