保田与重郎

一般

保田与重郎

やすだよじゅうろう

1910-1981

評論家、日本浪漫派。東京帝国大学出身、昭和7年伊東静男らと雑誌「コギト」を、同10年には亀井勝一郎らと「日本浪漫派」を創刊。日本浪漫派の象徴的人物。著作に『戴冠詩人の御一任者』『近代の終焉』など。戦後、公職追放となり、雑誌「祖国」を創刊。公職復帰後『現代畸人伝』などを著した。