スマートフォン用の表示で見る

暮しの手帖

読書

暮しの手帖

くらしのてちょう

暮しの手帖暮しの手帖社発行の雑誌。

大橋鎭子花森安治、らによって、1948年9月創刊、当初は『美しい暮しの手帖』という誌名であった。

1953年12月の第22号から現在の誌名になった。

1954年の第26号から、長く目玉企画となった商品テスト(第1号は靴下)を開始、2007年まで続いた。

1956年、「婦人家庭雑誌に新しき形式を生み出した努力」について第4回菊池寛賞を受賞。

1968年2月、第93号からは隔月刊に変更された。

なお、発行号数は100号ごとに「第n世紀」と区分され、1号に戻るようになっているが、これは初代編集長・花森安治の「100号ごとに初心に立ち返る」という意味合いが込められている。

現在の編集長は澤田康彦?2015年8月より)。