スマートフォン用の表示で見る

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

マンガ

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

ははをなくしたときぼくはいこつをたべたいとおもった

宮川さとしによるWeb漫画作品。

新潮社・くらげバンチにて発表された。

作者本人が母を亡くした経験を描いた作品。

2014年、単行本が発売。描き下ろしのエピローグが収録されている。