スマートフォン用の表示で見る

母成峠の戦い

社会

母成峠の戦い

ぼなりとうげのたたかい

母成峠の戦い(ぼなりとうげのたたかい)

1868年会津戦争(戊辰戦争)の戦いの一つ。会津藩境の母成峠を守る旧幕府軍700が新政府軍2,000と戦うが、兵力の差で勝てず敗走し、新政府軍は若松城下に殺到する結果となった。