スマートフォン用の表示で見る

包摂

一般

包摂

ほうせつ

意味

ある観念の下に、包み摂り込むこと。

サブサンプション(subsumption)」

  1. 論理学≫特殊が一般に従属する関係。 Ex.「動物という概念は生物という概念に包摂される」
  2. 社会の仕組みによって、ある存在を摂り込むこと(服従させること)。

インクルージョン(inclusion)」:包含」の訳語として使う場合がある。

Ex.社会的包摂包摂主義

目次