スマートフォン用の表示で見る

報道の自由

一般

報道の自由

ほうどうのじゆう

基本的人権の一つであり、現代の民主主義には必須の存在である。

主に国民から国家に対する権利であり、権力の暴走を監視するために欠かせない役割を持つ。

マスコミによる報道が、三権分立に対する第四の権力といわれるゆえんである。

しかしあらゆる権力と同じく、濫用してはならないものである。のぞき見趣味の口実として「報道の自由」が使われることに対しては、報道の自由本来の意味を守るためにも、断固として指摘しなければならない。

はてなダイアリーのようなblogも、報道の一環といえる。国家の権力、およびマスコミに、さらにチェックを加える役割が期待されている。それと同時に、上記のような濫用も許されないことを自覚する必要がある。

根拠となる法律

日本国憲法 

第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。

 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

その他

毎年5月3日が「世界報道の自由の日?」として国連で定められている。

このキーワード編集待ちキーワードです。説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。