報徳仕法

一般

報徳仕法

ほうとくしほう

日本の江戸時代後期に農政家で思想家二宮尊徳が主導した財政再建策の総称。報徳思想の基本的な概念を元にそれぞれが分相応の生活を守り、余剰分を拡大再生産に充てることの重要性が強調されている策である。