報徳思想

一般

報徳思想

ほうとくしそう

日本の江戸時代の農政家で思想家二宮尊徳が説き広めた思想。経済道徳の融和を訴え、私利私欲に走るのではなく社会に貢献すれば、いずれ自らに還元されると考える思想である。