宝永大噴火

社会

宝永大噴火

ほうえいだいふんか

1707年(宝永4年)に起きた富士山噴火。火山灰は関東一円に降り注ぎ、農作物などに多大な影響を及ぼした。特に富士山東側の火山灰被害は甚大だった。