宝治合戦

社会

宝治合戦

ほうじがっせん

宝治合戦(ほうじがっせん)

1247年、執権北条時頼が有力御家人・三浦氏一族を滅ぼした事件。時頼と安達景盛の策謀にかかり、三浦泰村は鎌倉で挙兵したが大敗し、追いつめられて一族と共に鎌倉の法華堂で自害した。三浦氏一族が自害して滅亡したことから、北条氏の独裁体制が確立した。三浦氏の乱とも。