法華神道

一般

法華神道

ほっけしんとう

仏教法華経の開会の思想に基づく神道のこと。信仰の中心は三十番神。日蓮の弟子の日像が取り入れ、室町時代には日蓮宗法華宗宗派の道場の祭壇または社殿などに守護神として祭られた。明治神仏分離により衰退した。

平安時代に日本の天台宗を開いた最澄比叡山に初めて祀ったという説もある。