スマートフォン用の表示で見る

法三章

一般

法三章

ほうさんしょう

漢の劉邦漢中を制圧したとき、秦の極めて煩雑な法律を全て廃して、殺すこと・傷つけること・盗むことの三つのみを禁じた極めて簡素な法律に代えたこと。また、その法律

「当たり前じゃないか、中国は「法三章」なんだから、立て札を立てて、法律を三行書く。それで終わり。それで治まらないのは、政治が悪い。伝統的にそういう国なのである。」養老孟司「涼しい脳みそ」<文春文庫「手続きはなぜあるか」の項より