法村香音子

読書

法村香音子

のりむらかねこ

1935年満洲国新京生まれ。敗戦後、医師の父が八路軍抑留されたため、家族で中国各地を転々とし、1958年帰国1966年東大原子核研究所に勤務。96年定年退職し、遼東市の専門学校に赴任。

著書