スマートフォン用の表示で見る

法定地上権

社会

法定地上権

ほうていちじょうけん

民法388条による定義

土地および、その上に存する建物が同一の所有者に属する場合において、

その土地または建物につき抵当権が設定され、その実行により所有者を異にする時は、

その建物について、地上権が設定されたものとみなす

------------------------------


法定地上権の成立は、地価下落の要因となる。