スマートフォン用の表示で見る

砲艦外交

一般

砲艦外交

ほうかんがいこう

武力を背景にちらつかせながら外交を行なうこと。

かつて列強軍艦を相手の港に停泊させて外交を行なったことからそう言われる。帝国主義の常套手段とも言える。