スマートフォン用の表示で見る

萌の朱雀

映画

萌の朱雀

もえのすざく

1997年に公開された日本映画。

企画協力

組画

制作協力

配給:ビターズ・エンド

キャスト

田原孝三:國村隼

みちる:尾野真千子

幸子:和泉幸子

栄介:柴田浩太郎

泰代:神村泰代

栄介(子役):向平和文

みちる(子役):山口沙也加

ストーリー

奈良県西吉野村。林業低迷で過疎化が進むこの村で、田原孝三(國村隼)一家も代々林業で生計を立てていた。そこに、鉄道を通すためのトンネル工事計画が持ち上がる。鉄道に対する人々の想いは切実で、孝三自身も自らの夢をかけてトンネル開通作業に携わる。

孝三の母・幸子(和泉幸子)、妻の泰代(神村泰代)、姉の残していった子供・栄介(向平和文)、そして愛娘みちる(山口沙弥加)に囲まれた、つつましやかながら幸せな生活は静かに過ぎていった。しかし、工事は中断され、トンネルは無惨な姿で取り残される。

15年後、孝三は働く気力を失い、一家の生計は、栄介(柴田浩太郎)の収入に頼らざるを得ない。みちる(尾野真千子)は“えいちゃん”と兄のように慕ってきた栄介にほのかな恋心を抱き、栄介は泰代に“母”を重ねて想いをよせる。ある日、孝三は愛用の8ミリカメラを持って出かけたまま帰らぬ人となった。そして一家はそれぞれの哀しみと想いを秘めたままこの地を離れ、それぞれの“生”に向き合いはじめる...。

受 賞

1997 カンヌ国際映画祭 カメラド−ル

ロッテルダム国際映画祭 国際批評家連盟賞

シンガポール国際映画祭 主演女優賞

ベルギー・ロイヤル・フィルム・アーカイヴ

Distribution of Quality Film Prize

第21回 山路ふみ子福祉賞

高崎映画祭 新人監督賞

芸術選奨文部大臣新人賞

萌の朱雀 [DVD]

萌の朱雀 [DVD]