萌死

マンガ

萌死

もえし

あまりにも愛らしすぎて、心臓が停止すること。

又はその様子。

「−・ぬ」

アネモネ中うさこ120%より

古事記王子


おそらく、メディアに載った初めての「萌死」が、2001年にMUJINという成年コミックで書かれたものだと思われる。

実際はここから広がった言葉ではないかと思うが、メディアに載ったことをたたえる。