豊羽鉱山

地理

豊羽鉱山

とよはこうざん

 北海道札幌市南区定山渓にある金属鉱山。銀、インジウム亜鉛、鉛などを産出する。インジウムの産出量は世界有数。

 新日鉱グループの豊羽鉱山株式会社が操業していた。札幌市の奥座敷といわれる定山渓温泉から約13 km西、札幌市中心部からは約40 km南西に位置する。鉱石の輸送のため、かつては鉄道も敷かれていた。現在はトラック輸送に切り替わっている。豊羽鉱山の周辺は本山地区と呼ばれ、かつては多くの住民が本山地区で生活していた。

 鉱量枯渇のため2006年3月をもって閉山されることが決定している。