豊雲野神

一般

豊雲野神

とよぐもぬのかみ

日本神話の神。「古事記」では、天地開闢の時に現れた神代七代のうち、国之常立神の次に現れたとされている。国之常立神と同じく独神であり、すぐに身を隠したとある。