豊玉姫神

一般

豊玉姫神

とよたまひめ

トヨタマヒメ

古事記』上巻、山幸彦海幸彦神話に登場する女神

古事記』では豊玉毘売?・豊玉毘売命?、『日本書紀』・『先代旧事本紀』では豊玉姫豊玉姫命と表記する。

海神綿津見神(海若?)の娘。天孫・邇々芸命?大山津見神の娘・木花佐久夜毘売との間にもうけた火遠理命山幸彦)と結婚し、鵜茅不合葺命を生む。出産の際に『古事記』や『日本書紀』一書では八尋和邇?(やひろわに)の姿、『日本書紀』本文では龍の姿となったのを、火遠理命が約を違えて伺い見たため、綿津見神の国へ帰った。鵜茅不合葺命は、トヨタマヒメの妹・玉依姫神に養育され、後に玉依姫神との間に神倭伊波禮毘古命?(=神武天皇)をもうける。

関連

豊玉姫神社