豊鋤入姫命

社会

豊鋤入姫命

とよすきいりびめのみこと

記紀に伝えられる日本の古墳時代の女性皇族崇神天皇皇女

崇神天皇6年(紀元前92年)に父天皇の命で天照大神を宮中から笠縫邑に遷し祀り、以後、垂仁天皇25年(紀元前5年)3月10日に倭姫命と交替になるまで祭祀を続けたと言われている。