豊臣秀長

社会

豊臣秀長

とよとみひでなが

戦国武将羽柴秀吉木下藤吉郎)の実弟。旧名は羽柴秀長で、さらに旧名は木下小一郎。大和大納言。(1540年〜1591年)

生まれは兄と同様に尾張国の尾張国愛智郡中村。秀吉の異父弟という説と同父弟という説の両方がある。

永禄5年に兄秀吉の家臣となり、以後、武将として政軍両面で手腕を振るうだけでなく、秀吉のよき補佐役としても活躍。

温厚な人柄で知られ、領民のみならず諸大名からも頼りにされていた。秀吉からの絶大な信頼と相まって、豊臣政権の確立にあたっては必要不可欠な存在であった。

1591年に病没。その翌年から、秀吉は豊臣政権の致命傷となる朝鮮出兵へと乗り出していった。