スマートフォン用の表示で見る

豊臣秀頼

一般

豊臣秀頼

とよとみひでより

豊臣秀吉の嫡男。母は浅井長政の長女淀殿右大臣

幼くして父を亡くし、父が後事を託した五大老五奉行体制は関ヶ原の戦いで崩壊。関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康征夷大将軍就任によって政治的権威も低下。

徳川家の風下に立たされ、その圧力に耐えきれず挙兵するが、諸大名に従う者はなく、浪人衆をかき集めて大坂城に籠城。一旦は講和を結ぶ(大坂冬の陣)が、再挙兵。大坂城を裸城にされていたため野戦に挑むが、秀頼は出馬することなく敗北。大坂城山里丸にて自刃を遂げた。(大坂夏の陣