スマートフォン用の表示で見る

豊川市主婦殺人事件

社会

豊川市主婦殺人事件

とよかわししゅふさつじんじけん

2000年(平成12年)5月1日、愛知県豊川市で発生した17歳の少年による殺人事件。男子高校生(当時17歳、高校3年生)が主婦(当時68歳)を40ヶ所も刺して殺したうえに、夫にも重傷を負わせた。その後、前もって竹藪に隠してあった服に着替えて逃走したが、竹藪に自分の鞄を置き忘れていった。

犯人の高校生は、動機として「殺人の体験をしてみたかった(人を殺してみたかった)」「未来のある人は避けたかったので老女を狙った」と供述していたが、学校内ではソフトテニス部に所属し、後輩からの信頼も厚く、しかも極めて成績優秀であると見られていたため、その評判と犯罪行為との乖離が疑問とされた。そのため精神鑑定がなされ、一回目の鑑定では「分裂病質人格障害か分裂気質者」と出されたが、二回目の鑑定では「犯行時はアスペルガー症候群が原因の心神耗弱状態であった」出され、二回目の鑑定を認定し、2000年12月26日に名古屋家庭裁判所医療少年院送付の保護処分が決定した。二回目の鑑定医師団には児童精神医学の専門医が鑑定団の一人として加わっていた。

アスペルガー症候群は先天性の発達障害であり、知能と言語能力に問題のない自閉症の一種である。対人関係の構築に困難があるため、二次的な障害として社会生活に対する不適応がみられることがある。この事件は、文部省(当時)に広い範囲における高機能自閉症児に対する早期の教育支援が必要であることを認識させ、後に特別支援教育として制度化されることになった。