豊田潤多郎

社会

豊田潤多郎

とよだじゅんたろう

日本の政治家1949年8月22日生まれ。京都府出身。

東京大学法学部卒業。大蔵官僚などを経て政治家に転身。1993年の第40回衆議院議員総選挙に旧京都府第2区から新生党公認で出馬し、初当選新生党の解党に伴い、新進党結党に参加。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙では京都府第4区から新進党公認で出馬するが、落選した。その後も衆議院選挙出馬するが落選した。2009年の第45回衆議院議員総選挙民主党から比例近畿ブロック単独で出馬して当選した。