鳳雛

読書

鳳雛

ほうすう

三国時代、司馬徽が蜀の龐統(ほうとう)を鳳凰の雛(ひな)にたとえたことから、将来大人物となることが期待される優秀な少年を意味する。