坊屋三郎

アート

坊屋三郎

ぼうやさぶろう

コメディアン明治43年3月28日生まれ。2002年5月25日、92歳で死去。

36年(昭和11年)、浅草・花月劇場の吉本ショーでボードビリアンとして出発。37年に川田義雄らと「あきれたぼういず」を結成。半年後に益田喜頓も加わり、ギターやウクレレなど楽器を使う歌謡漫談が人気を博し、ボーイズブームを生んだ。

喜劇映画に多く出演、軽妙な演技でわきを支え、80年代からは大林宣彦監督(64)作品の常連になるなど、出演作は100以上に及ぶ。

事業の失敗で不遇の時代もあったが、74年には「あんた外人だろ、発音悪いね」が流行語にもなった「クイントリックス」のテレビCMで約30年ぶりに人気復活、一躍、話題の人となった。